So-net無料ブログ作成
検索選択

G9にハンドストラップ [パパの絵日記]

G9用ハンドストラップ

コンパクトデジタルカメラとしては比較的大柄で重量のあるPowerShot G9。Canonが純正で用意しているのは両吊りタイプのネックストラップだけ。ところがハンディなカメラにネックストラップという組み合わせはどうもシックリきません。肩に掛けてショルダーストラップとして使えますが(斜め掛けは出来ません)、動作のたびにずり落ちてきて機動性に欠けてしまう。さらに悪いことに私みたいな年代の男性がネックストラップを使うと「田舎から都会にやって来たオッサン」みたいになってしまいます。こういうカメラはやはりハンドストラップで軽快に持ち歩きたいと思っていましたが、どうもピタッと填るストラップがありませんでした

時々ネットショップでピタッと填るハンドストラップはないものかと探していたのですが、ようやく「これならいけそう」というものが見つかりました。紐部分にも太めのものが使用されており、よほどブンブン振り回さなければ切れそうもありません。なによりウォッシュアウトしたブラックレザーがG9に似合いすぎです

「Hot-Air Balloon SHOP」さんで見つけ、オーダーから数日で届きました。ほかのネットショップでもレザーのハンドストラップを数店見つけましたが、やはりシックリ感がいまひとつという感じでした

CanonがAPS-Cサイズのコンパクトデジカメを用意しているとか、SONYがいよいよ裏面照射のコンパクトデジカメを出すとか、噂が色々と流れ始めていますが、それらが登場するのはまだ先の話みたいです。それまではG9にも頑張って貰わないといけませんから、ちょっとお高いストラップでしたが、満足度の高い買い物が出来たと思っています

G9用のストラップを探しているうちにこんなカメラバッグを見つけ、妻が「絶対欲しい!」と歓声を上げましたが、あいにく売り切れ。再入荷したらプレゼントしましょうかねぇ


nice!(1)  コメント(3) 

調子狂うよね [アクアの日記]

お日様、どこへ行ったでつか?

このまま日本中で梅雨が明けないんじゃないかという異常な天候の中、梅雨がないはずの北海道も雨ばかりです。寒暖差が激しいからなのか、たまの晴れに散歩に行くと「暑いからお家に帰る」とUターンしてしまう今年のアクア。暑い日が続けば身体も慣れるのでしょうが、人間も体調を壊してしまうくらいですから、小さなアクアには辛い気候なんでしょうね

雨ばかりだと写真が全然撮りに行けません。オリンパスのE-3のように水道で洗っても平気というデジタル一眼レフを羨ましく思ったこともありましたが、そもそも1日中雨じゃあ外出する気分になりませんね。このぶんでは北海道は夏の来ない年になりそうです。暦が8月になっているのを見なければ、皮膚感覚だけじゃもう10月から11月です

思いっきり走り回って元気いっぱいだった去年のアクアを知っているだけに、なんだかとても可哀想です。家の中でションボリしていることが多いアクア2歳の夏です


nice!(1)  コメント(2) 

ついに出た! [パパの絵日記]

20090806

SONYから裏面照射CMOSを搭載したコンパクトデジタルカメラが発表されました。内心では「最強コンデジ」と待っていたりしたわけですが、さすがに我が家の財務大臣から購入許可は下りませんでした

過去に何度か触れましたが、CanonがAPS-CサイズのG11を出すのではないかと噂がありますから、パッとSONYに飛びつくのも確かに早計かもしれません。でもG11・・APS-Cではないとの噂もチラホラ。APS-CじゃなければG9で十分です・・というか、そうなってしまうとコンパクトはやっぱりSONY最強って感じですから、次のコンパクトはSONYを狙いますか

そろそろCanonからも「えぇっ!」というニュースを聞かせて貰いたいところですが、後出しジャンケンをしてもNikonに負けちゃうという最近のCanonなわけですが、コンパクトでもSONYに追い抜かれるとなるとなんとも寂しい・・

(追記)

ベータ機の実写サンプルを見ると、期待したほどノイズがないわけでもなさそうです。高ISOは既存のコンパクトデジカメより良いのは確かですが、最低ISOでのノイズが・・・あくまでベータ機の話ですが期待しすぎだったかも知れません


タグ:Finepix F30
nice!(1)  コメント(2) 

アマルフィ 女神の報酬 [パパの絵日記]

ワーナーマイカルシネマズ北見

映画館に足を運んで映画を見るなんて、いったい何年ぶりだろう・・。見たい映画がなかった訳じゃないんですが、いちばん最寄りの映画館への行き来を含めて5時間という長い自由時間を作り出すことが日常では難しくて・・。子供の頃から映画大好きという人間なので、もっともっと大スクリーンで映画を見たいのですけどねぇ

週末はヘルプコールに応えないと職場に伝え、アクアもペットハウスに預かって貰い、夫婦二人だけで久しぶりに出掛け、話題の映画「アマルフィ 女神の報酬」を観てきました。この映画、キャスティングの時点でヒットしないわけがない感じがします

「こいつが犯人だろう」というのは劇半ばで判ってしまうきらいがありますが、それでも2時間強の映画が終わってみれば短く感じられるのは上出来です。誘拐犯達の犯行動機と人物像の描き方が弱い気がしますが、それをサラッと済ませないとスピード感がなくなってしまうでしょうか・・・

アマルフィ、その町がなぜ誘拐事件にとって重要な意味を持つのか・・・「なるほど、そういうことなんだぁ」と上手なプロットが敷かれているのですが、クライマックスがちょっとばかり急ぎ足で流れてしまうのが惜しいところです。このラストがあと10分ほど時間を掛けて危機感を煽ってくれれば「ブラボー!この映画は100点満点だ!」と言えたと思うのが玉に瑕でしょうか(原作はその辺がもっと重厚に書かれているのかも知れませんが…)

全編を通じてイタリアの美しい景色を見せられ、「いつかイタリアに行ってみたい」と思わずにはいられなくなりました

織田裕二さんが今回の役にたいそう御執心だそうで、続編が作られたら見に行きたいですね。踊る大捜査線の青島刑事の印象が色濃く残り続けていますが、今回の黒田外交官は青島刑事以上に魅力的なキャラクターに仕上がっています

見終えた感想を某料理番組風に言えば、「星三つです!」と満足しました


nice!(1)  コメント(2) 

夏だ、夏だ! [アクアの日記]

RUN-1

冷夏を実践中の北海道にあって、今日はまた猫の目のように打って変わって猛暑になりました。クルマの車外温度計表示が30度を示し、「これでこそ8月!」って嬉しくなりましたが、寒い暑いがクルクル変わるので身体が追い付いていけていません

久々に暑い一日になったので、夕方アクアを連れて散歩に行ってみました。アクアも広いグラウンドを全力疾走・・ただでさえ短い道東の夏を存分に楽しめたようで、久しぶりの笑顔です

 

RUN-2

 

RUN-3


nice!(1)  コメント(2) 

嫁さんの撮った写真 [パパの絵日記]

嫁さん撮影作品

私が写真に興味を持って始めてから遅れること数年、嫁さんもデジタルカメラで日常を撮影して楽しむようになりました。「一眼レフは肩が凝る」と言ってキスデジすら持ち歩かず、もっぱらコンパクトデジカメでの撮影です。今時のカメラはどれもキレイに撮れるようになっていますから、キスデジくらいを使いこなせばもっとたくさん素敵な写真が撮れると思うのですが、なかなか・・・。よそのブログを見ては「こんなキレイに撮れたらなぁ」と言ってるくらいなら、ちゃんと覚えればよいのに・・・

 

久々の一眼レフ

嫁さんが最後にキスデジを持ち出したのは2年前だったかなぁ。2年ぶりのデジタル一眼レフはもうすっかり使い方を忘れていて、ピンぼけ写真の量産でした。なかにはキレイに撮れているものが何点かあり、トップ画像の牧草ロールもそのうちの1枚です

カメラを持った姿はそれなりに様になっているし、フレーミングも私とは違うので後で比べてみると「ほぉ~」と思うものもあるんですけど、いかんせん彼女の口から出てくる言葉は「やぱり私はコンパクトがいいわ」です。なんだか勿体ない気がしますけど、それはそれでいいのかも知れませんね


nice!(2)  コメント(2) 

ドライブはいいでつねぇ [アクアの日記]

ドライブ大好き!

アクアが初めてドライブに出掛けたのは、予防接種を受けるために隣町まで出掛けた時でした。そのときはまだ背が低くて窓の外が見られなかったからなのか、車酔いをしたらしく気付いたらゲボッとしちゃって・・・クルマが嫌いになってしまうんじゃないかと心配しました

でもその後は「クルマ=楽しい公園へのお散歩」の図式を作り上げたようで、クルマに乗ると背伸びをして窓の外を眺めて楽しそうにしています。すっかり公園までの風景を覚えてしまい、公園への曲がり角を反対へ曲がろうものなら「そっちじゃないでつよ!!」と訴えかけるかのように吠え続けてくれます

 

ママ、しっかり押さえていてでつ

お目当ての公園に着くと、一目散に走り出して嬉しさを体中で表現。そんな姿を見ると自分の用事を後回しにしてもたくさん散歩に連れ出してあげたくなります

 

砂山の大将

先週末の公園で小っちゃな砂山を見つけて登り始めたのですが、自分が巻き上げる砂煙にビックリして頂上まで辿り着けずに終わってしまいました

パパが仕事の間はママといっぱいお話をして、たくさんの言葉を覚えたアクア。一生懸命僕らの話に耳をそばだてています。いつも仕事で一緒にいられない分、時間ができた時はアクアがまだ見たことのない場所にたくさん連れていってあげるからね


タグ:PowerShot G9
nice!(2)  コメント(4) 

楽しみにしていたのに・・・ [パパの絵日記]

真夏日の情景

(画像と文章は関係ありません)

「救命病棟24時」が今夜から本格始動しましたね。楽しみにしていたわけですが、この地区はどういう訳か数日前から日が暮れると地デジ難視聴状態になってしまい、(昨夜も2時間ドラマのクライマックスでブラックアウトしましたが)今夜もブロックノイズにまみれて数回ブラックアウトしてしまいました

レコーダー側の増幅効果の方が高いようなので同時録画したものを見てみたのですが、やはり同じ箇所で数秒間無録画状態になったようで話が飛んでしまっていました。面白ければブルーレイに焼いてコレクションに加えようと思っていただけに、かなり気落ちしてしまいました

地デジになれば高画質高音質になるのは間違いないのですが、こういう状況が生まれてしまうと「地デジって良いことばかりじゃないな」というのを実感します。住宅は集合アンテナなので、日中に職場の管理部門に状況を伝えてはおきましたが、直せるんだかどうなんだか・・・

こんな状態では落ち着いてドラマなんて見られません。数日待っても改善されないようなら諦めてブースターを買わないとダメかもしれません。でもブースターの利得で状況が良くなる程度の受信感度なのかどうか・・・参りました


nice!(1)  コメント(0) 

世界中の誰よりも [アクアの日記]

親子いっしょに

君が世界中でいちばん可愛い子供でいてくれるから

僕等も世界中でいちばん優しいパパとママになろうと思うよ

君が友達に「世界中でいちばんのパパとママだよ」って言えるようにね


nice!(2)  コメント(2) 

ブースター導入 [パパの絵日記]

冬への準備

日が暮れると写りが悪くなる地デジ放送・・・こんな状態では落ち着いてドラマを見られないので、意を決してブースターを導入しました。ブースターの効果は地域によって異なるようなので「人柱」的な感じでしたが、結果はアンテナレベルがかなり良くなったので、我が家では十分な効果が得られました

顔馴染みの電気店で訊けば、8月には気象条件が変わるのか、年に数件同じような話を聞くんだとか。いつ改善するかも判らないし、毎年こんな状態では困るので、意を決しての導入でした

これで今夜からはゆっくり落ち着いてテレビを見ることが出来ます

それにしても「地デジは良いことずくめ」みたいな前評判は信用できませんねぇ。ちゃんと受信すれば確かにキレイですけど、アナログ画質十分だと感じている人を切り捨ててまで国策的に転換するってのはどうなんでしょうね。私はAVオタクなので当然地デジへ移行しましたけどね


nice!(0)  コメント(0) 

サボテントリオ [パパの絵日記]

サボテントリオ

社会人になる前に観葉植物を育てていたことがありました。鉢が小さくなったので株分けをしようとして失敗し枯らしてしまったのですが、それ以来あまり植物には縁のない生活を続けていました

神戸で妻が小さなサボテン鉢植えが3つセットになったものを手に入れてきました。ベランダ菜園ではトマトやキュウリを育てており、去年は見事な収穫を得たのですが、今年は生憎の天候のために病気になったり虫が付いたりで思うように収穫できませんでした

神戸からはるばるやって来たサボテントリオはちゃんと成長し続けてくれると良いんですが・・。家の中にわずかな緑があると、それだけでなんとなく気分転換になります


タグ:PowerShot G9
nice!(2)  コメント(3) 

とうとうスバルも・・・ [パパの絵日記]

インプレッサも・・・

どうやらスバルが2011年にインプレッサをフルモデルチェンジするらしいですねぇ。それ自体はモデルチェンジサイクルですから良いのですが、モデルチェンジで「走りよりも燃費重視に」という路線変更をするらしいのが、予想はしていたこととは言っても寂しいですね

どうやらトヨタ資本が入ったことで、スバル最後の「走りの命脈」であるインプレッサもエコカーに成り下がってしまうみたいです。エコは時代の流れですから悪いことではありませんが、インプレッサだけはエコに迎合しないクルマだと思っていたので、なにか寂しい感じがしてなりません

スバルが突然WRCからの撤退を発表した時に、「自分の車が最後のWRXモデルになるかもなぁ」と思ったのですが、それが現実になるかも知れません。妻も数多のクルマの中で「赤いインプレッサに乗ってみたい」と買い換えたわけで、夫婦揃って「事実上最後のインプレッサらしいインプレッサ」を手に入れたことになるのかも知れません

最後のWRXか・・?

アクセルを踏んだ瞬間に強烈なGと共に驚異的な加速をしてくれるWRX STI・・・あの日「そんなに気に入ったのなら買ってもイイよ」と言ってくれた妻に感謝です。このクルマを手に入れてから、(歳を取ったせいかもしれませんが)とにかく速く走りたいという思いは影を潜めました。とてつもなく速く走れるクルマに乗っていながら、あえてノンビリ気持ちに余裕を持って気儘にドライブする・・・決して飛ばすことだけがクルマの楽しさじゃないことを如実に判らせてくれるクルマが現行インプレッサでした

でも今後そういうインプレッサは世に出てこないかもしれないわけです。いや、エコはエコでいいんですよ・・・ただトヨタ車とどこが違うのか判らないクルマだったら、あえてスバル車を選ぶ理由なんてなくなってしまいそうです。いよいよもって乗りたいと思うクルマがなくなってしまうかもしれません

夫婦揃って大のお気に入りになった現行インプレッサ・・・キッチリ手入れをして長く乗らないといけませんね。エコになびいたインプレッサなんて、本当の意味でのインプレッサじゃありませんからぁ


nice!(2)  コメント(1) 

Canonの新型が登場 [パパの絵日記]

クンクン

本日ようやくCanonのPowershot G11が発表されますね。久しぶりにバリアングルモニターが復活し、ローアングルでアクアを撮るには好都合な高画質コンパクトデジカメとなったようです

これ、欲しいなぁとは思うのですけど、どうやらEOS 60Dも近々発表という話が現実味を帯びてきました。それどころかEOS 7Dすらあるかもという噂も・・・。60Dがフルサイズという噂すら出てきており、お値段の方がちょっと心配・・。もしも60Dや7Dがフルサイズで登場するなら、いよいよ5Dを下取りに出す気もおきるのですけどね

G9と40Dと5D全てを下取りに出せば、G11と60D(あるいは7D)まで手が届くでしょうか? ただ60Dがフルサイズというのは、EF-Sレンズをどうするのかという疑問があるので現実味はなさそうですから、APS-Cじゃないかと思うんですけどね

実は妻と些細なことがきっかけで仲違いをしている最中なので、カメラ購入の折衝する雰囲気じゃないわけで・・・ちょっと困りました(^_^;


nice!(2)  コメント(2) 

おもちゃ取ってよ [アクアの日記]

ママ、おもちゃ取ってくだちゃい

アクアは自分よりも大きなものには本能的にマーキングをしてしまうようです。「大きい方が良いだろうな」と巨大なぬいぐるみをいくつか買ってあげたのですが、いずれもマーキングの餌食に・・・

特に夜寝る前にアクアの見えない場所にしまい忘れると、翌朝にはしっかりアクアの「ボクのもの!」という印がつけられています

普段はアクアの視線の遙かに高く、気付かない場所に置かれているのですが、いつの間にかその場所を覚えてしまい、「それはボクなんだから頂戴よ!」と悲しい鳴き声を上げて訴えかけてきます。たしかにアクアのおもちゃだから好きなように遊んで貰って構わないんですが・・・マーキングはちょっとねぇ


nice!(1)  コメント(2) 

G9からG11へ [パパの絵日記]

よく見ると奇っ怪な

結局PowerShot G11は大手量販店のネットショップで予約しました。隣町の店舗受け取りにしてもらって(クルマで峠を越えて1時間かかりますが・・泣)、商品受け取りの時にG9一式を下取りに出そうと思っています。その店舗では以前ニコンD70を査定して貰った時に、ものすごく渋い額を提示されて下取りをやめたことがあったのですが、今回はどうでしょうねぇ

これよりも前にちがうネットショップに「G9を下取りにしてG11を予約したい」というメールを出したのですが、こちらは梨の礫。晩秋に旅行に出掛ける予定があるので、それまでには確実にG11を入手しておきたい私としては、鷹揚に待ち続ける余裕が持てませんでした

いつもは夏のビーチ用に防水ケースも一緒に買っているのですが、G11用は下手なコンパクトデジカメが1台買えちゃいそうな値段が付いていますから先送りにしました。年を重ねるごとに水着とは縁のない状態になりそうですから、来年の夏にビーチに行くかどうかも判らないので、いまそれだけの買い物をする余裕は・・・

噂されているEOS 7DもしくはEOS 60Dが登場したら、たぶん私がデジタル一眼レフに期待している機能全てが搭載されてくる気がします。そうなればたぶん私が購入する「最後のデジタル一眼レフ」になる可能性が高いですね。その後は欲しいレンズを数年がかりで揃えながら、ひたすら腕を磨くだけですね

そもそも数年後には今のデジタル一眼レフに匹敵するような写りの良いコンパクトデジカメが登場するんじゃないでしょうか。そうなればわざわざ重たいカメラとレンズを持ち歩く必要もなくなりそうです(G11クラスでアクアのスピードにピントが食い付いてくれるコンパクトデジカメなら、それでもう十分なんですけど)


nice!(2)  コメント(2) 

夏が過ぎていく [アクアの日記]

夏はどこにいるでつか?

夏らしい日がないままに、暦はもうすでに8月が終わろうとしています。例年ならもうそろそろ北海道には秋風が吹き始めます。今年は本当に夏を感じることのない年になってしまいました

アクアも雨ばかりで散歩にいけない日も多かったようです。またモコモコのジャンパーを着て、冷たい道の上を雪だらけになって散歩する日が近づいてきました。短い北海道の夏なのに、今年はいったい何日くらい太陽を見たんだろう?

来年は暑い夏が来ますように・・・アクアとたくさん走り回って遊べますように


nice!(1)  コメント(2) 

お水をくださいな [アクアの日記]

なにしてるでおじゃる?

隣町はチューリップ観光資源にしていて、春には公園一面にチューリップが咲き乱れます

その公園の中にあるチューリップをデザインした水飲み場の前で、アクアがなにやらやっています

 

お水をくだちゃいな

「ねぇ、ボクにお水をくだちゃいな」

そんなことでも話しかけているのかな?


nice!(2)  コメント(0) 

もう撮れない写真 [アクアの日記]

よいしょっ、よいしょっ

この写真の景色、今はもう撮ることができません。

ある日突然、「犬を入れるな」と書かれた看板が立てられました。

公共施設なのに、どうして犬の散歩はダメなのか・・・

理由は想像がつきますが、なんだか厭な時代だなぁって思います。

人間の子供達の遊び場も次々と大人達の都合で奪われて、

こんどは動物たちの遊び場まで奪っていくんですねぇ。

今となってはアクアの貴重な1枚になった写真です。


nice!(1)  コメント(2) 

年々貧弱に・・・ [パパの絵日記]

2009.08.29

今夜は街の花火大会でした。

数日前から河原で打ち上げの準備をしていたみたいです。

2009.08.29_2

子供の頃にすんでいた札幌の花火大会は、かなり凄かったように思います

ただ子供の頃の記憶なので、必要以上に大袈裟に脚色されているかも知れません

2009.08.29_3

この町の花火大会も10年ほど前にはきっちり2時間打ち上げていたように思います。

去年は「あれ?もう終わりかぁ?」と思うくらいに短かったのですが、

今年はさらに短くなって、30分の夜空のショーでした。

夏の花火大会を見ると、世の中の景気の悪さが実感できてしまいます。

あまりにも短い時間だったので、カメラの設定を1発ごとに確認する余裕はなく、

去年より全然ダメダメな写真ばかりになってしまいました(;.;)


nice!(1)  コメント(2) 

APS-Cのフラッグシップ? [パパの絵日記]

今年は期待できない?

Canon PowerShot G11を予約注文したばかりですが、EOS 7D登場の噂がいよいよ現実味を帯びてきたようです。中国のサイトというところが引っ掛かりますが、その仕様と共にカメラの外観図もネットで見られるようになっています(本物かどうか判りませんけど・・)

気になる仕様は、どうやらAPS-Cのフラッグシップ機という位置づけのように思えます。ネットで明らかにされた以外のところで気になるのが、「ワイヤレスリモコンは使えるのか?」ということと、「外部フラッシュのリモートコマンダー機能はあるのか?」ということ。個人的にはこの2つがあるとないとでは撮影の幅が全く違ってきます

11月中頃を目安に、今年の夏休み(秋休み?)は京都紅葉を見に行こうと考えています。きっとそこへ持ち出すのはG11の方になると思いますが、EOS 7Dの登場はいつになるんでしょうね。今年は冷夏でしたから、紅葉はあまり期待できないかも知れません・・

今日の画像はEOS Kiss DX2にEF70-200mm f/4L IS USMを組み合わせて撮ったものです。これだけキレイに撮れるわけで、基本的に「写真はやっぱりレンズだな」ということになるわけですが、Kiss DX2は連写性能がかなりいけてません。このカメラで走り回るアクアを捉えるのは神業に近いものがあります


nice!(2)  コメント(3) 

日本は変わる? [パパの絵日記]

先の見えない道

学生の頃には政治が好きだったこともあり、選挙は全て投票権を行使してました。社会人になって、休日がないのが当たり前という生活になってしまったせいもあり、また「どうせ何も変わりはしない」という思いのために選挙権を放棄して20年以上が過ぎました。かつて社会党には何ら期待することもなく、さりとて自民党の「数こそ全て」という奢りも許せずという暗黒時代だったわけです。「何も変わらない」という虚脱感・閉塞感はなにも若者の専売特許ではなかった気がします

今回は久しぶりに投票に行ってきました。出勤前にまだ閑散とした投票所で民主党に1票を投じてきました。民主党が政権の座に着いたからといって即座に日本が良い方向へ向くなどとは思ってもいませんし、マニフェストが優れているとも思っていません。むしろ耳障りの良い公約が並びすぎて気持ちが悪い気もします。多くは「民主党が優れている」からではなく、「自民党じゃなければ民主党か・・」という意思表示をされたのではないでしょうか

が、連綿と続いた自民党の一党独裁体制のような政治では「なにひとつとして」期待感がないのも事実でした。4年後にふたたび民主党に1票を投じるか否かはこれからの4年間を見て決めれば良いだけです。もしかすると戦後初めて一敗地にまみれたことで自民党が本当に国民のための政治を考える政党に生まれ変わるかも知れません(実際には無理だと思いますけどね)

経済・外交・年金福祉医療・国防と難題を多く積載した日本丸ですが、かつて中曽根氏が「不沈空母」と言ってのけたかのごとき旭日の日々を本当に期待させる器の大きな政治家が登場しないことには・・・。政治の世界に関してだけは平成よりも昭和の時代の方が「俺こそがやってやる!」という政治家らしい政治家に溢れていた気がします。三角大福中と呼ばれ、総理総裁の座に着くために丁々発止のやりとりをしてた頃は本当に政治が面白かったのですが、「総理総裁は貧乏くじ」みたいになってしまってたらい回しにされるだけだなんて信じられない状況でした

ともあれ形上は二大政党政治の体を成し遂げた日本。これから与党が内部分裂をせぬよう、自民党と同じ轍を踏まぬ事を願うばかりです。注目を集めた「子供手当」なんて実のところ矮小な問題であって、大局を持って望むような公約だとは思えません。あまりにもそれに拘ると、自民党以上に「政治をダメにする」可能性を秘めた危うい航海になるかも知れません


nice!(3)  コメント(2) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。